-->

Works

UVインクジェット

UVインクジェット

UVインクジェットとは、UV光を照射することで瞬時に硬化し定着するインクを用いたインクジェット印刷機です。
出力時には乾燥しているため大幅な納期を実現、樹脂や金属などの普段印刷の出来ないメディアにも印刷できます。
紫外線(UV)で硬化し定着するインクを使い、今までのインクジェットでは出力出来なかった、非吸収性素材に印刷を可能にすることができます。

3つのメリット

1

揮発性有機化合物(VOC)を含まないため環境に優しい

2

材料を選ばない
(素材によっては、インクとの相性があり印刷できない物もございます。)

3

5cmくらいまでの厚手の素材にダイレクトに印刷できる。

お問い合わせ

Caution

データ作成の注意事項

illustratorでのデータ作成

推奨ファイル形式

  • PDF・EPS

フォントエラー防止の為

  • フォントは全てアウトライン化してください。

画像について

  • RGBの画像はすべてCMYKに変換しておいてください。

色数について

  • カラーについてはCMYKの4色の印刷になります。
  • White(ホワイト)、Clear(クリア)を使用する場合は、illustratorでスウォッチを使用し、DICカラーなどで色を選び(色は何でも大丈夫です)、名称を英数字でWhite・Clearにしてください。
  • White・Clearはオーバープリントの設定をし、カラー(CMYK)よりも上位層にしてください。
  • CMYK、特色版(White、Clear版)を含んだ「1個のファイル」で作成してください。
  • ICC Profileは埋め込みしないでください

積層印刷用のファイル作成

    <2層出力の場合>

  • 1層目、2層目の版(例1:カラー+白、例2:カラー+クリア、例3:White+Clear)を1ファイルで作成してください。

    <3層出力の場合>

  • 異なる組み合わせ(例;カラー+White+Clear)の場合、1層、2層、3層目の版を1ファイルで作成してください。
  • 異1層と3層目が同じ(カラー+White+カラー)の場合、1層、2層目の版(例:カラー+White)を1ファイルに作成してください。
Scroll Up